京都市左京区松ヶ崎泉川町16-7 TEL 075-702-0201 携帯 090-8209-0221Eメール
最近の建築実績 >>
すさかべ製品(トレー・箸置き・コースター) すさかべ製品トレーコースター箸置き爪楊枝菓子箱灯篭
手に取るだけで心やすらぐ木のぬくもりが伝わってくる、そんな天然木を使い、ひとつひとつ心を込めて造り上げました。
使いこめば使いこむほど艶が出て愛着のわく品々です。
ご家庭で使うのは少しもったいない気がするけれど、手元に置くだけで心を豊かにしてくれる逸品です。
お問い合わせ注文フォーム  ◆送料・お支払い方法について
トレー(桧)大 20,200円 [No.1] 注文>>
(縦43cm x 横26cm x 高さ3cm)
トレー(桧)小 12,200円 [No.2] 注文>>
(縦30cm x 横21cm x 高さ3cm)
トレー(表) トレー(裏) トレー(コーナー仕上げ)トレーの使い回しは和風でも洋風でもご自由に。
台所で作った料理を一人分ずつこのトレーに乗せて運び、食事が終わればまた台所に運ぶ、といった使い方をするととても重宝します。
コースター 3,200円 [No.3] 注文>>
天板:黒部杉 外枠:桧 (9.2cm角 高さ 2.2cm)
コースター 3,200円 [No.4] 注文>>
天板:黒部杉 外枠:鉄刀木 (9.2cm角 高さ 2.2cm)
[No.3]桧の外枠 [No.4] たがやさんの外枠天板はNo.3、No.4とも黒部杉、外枠はNo.3が桧、No.4が鉄刀木(たがやさん)です。 コースターコーナー仕上げ 外枠 コーナー仕上げ
<色>
天板に使われている黒部杉の木目は濡れると非常に美しい色合いに変化し、使い込むほど艶が出ます。

ただ単に木を四角に切るだけでなく、四方にヒノキの枠をつけてコップが落ちないようにしました。
また美観を保つため、その枠は極力小さくし、さらにコースター移動がスムーズに行えるよう角をカーブにしています。黒部杉のような薄い板を用いる場合は、強度の面からもこういう高い技術を要する加工が必要になります。
外枠
[No.3]はヒノキ、[No.4]は鉄刀木(たがやさん)を使っています。ヒノキを外枠に使ったのは、日本人に昔から最も愛されている木だからです。ヒノキのやさしい色と香りは、きっと心を癒してくれることでしょう。濃い色がお好きな方は鉄刀木のほうをお使いください。

なぜ黒部杉を使うのでしょう?
黒部杉は昔から茶室の天井板などに使われる木で、普通はノコギリで挽いて板材にします。しかし、すさかべコースターはノコギリを使わず、縦に3mmの厚さにナタで割っていきます。この加工は熟練技術者でないとできない方法です。
ヒノキや他の木は製材をして板にするため木の繊維を斜めに切ることになります。そのため木に水がしみこみやすく、コースターの天板も汚れやすいのですが、縦割りにした黒部杉は水がしみこみにくいという利点があります。
さらに黒部杉コ―スターにはコップを持ち上げてもコースターがくっつかないという大きな長所があります。ビールや水割りウイスキーを入れたコップを滑らかな表面のコースターの上に置くと、グラス表面に露が出てコースター上に水が溜まるため、コップを持ち上げるとコースターが持ち上がってしまいます。しかしコースターの天板に黒部杉の割り板を使ったこのコースターは、表面が自然の凹凸を形成していますのでグラスにくっついてコースターが持ち上げるということはありません。
職人芸箸置き(天板:黒部杉 外枠:桧) 1,700円 [No.5] 注文>>
(3.7cm角 高さ1.6cm)
箸置き 箸置き贅沢な箸置きかもしれませんが、ほのぼのと心があたたまるようないい姿です。
トレーとセットでお使いいただくと良いのですが、単独でも存在感があります。ご使用の際に軽すぎて転がったりしないよう、中に鉛をしのばせてあります。
職人芸爪楊枝(すす竹) 1本 200円 [No.6] 注文>>
(長さ 6cm)
爪楊枝爪楊枝すす竹の節を残して、小刀だけで削りました。
粗削りなところが風流です。
最近はどこでも綺麗なものが多いのですが、これは使えば使うほど愛着が湧く楊枝です。
職人芸菓子箱(桧) 8,200円 [No.7] 注文>>
(縦27cm x 横15.5cm x 高さ5cm)
菓子箱ヒノキ材を使ってしっかり細工した菓子箱です。
内側は黒漆の丁寧な仕上げです。
何の変哲もないシンプルな木箱だからこそ、お菓子を入れても、お料理を入れても中身が一層引き立ちます。
使う度に丁寧に洗ってしまいたい、そんな気持ちにさせる不思議な木箱です。
職人芸灯篭(桧) 80,200円 [No.8] 注文>>
(15cm角 高さ23cm)
灯篭燈篭は、夜囃しのときなどに火を入れて明るくし、つくばいの位置を知らせるものであったようです。神社の参道には両側に燈篭がありますが、腰掛待合には吊り燈篭が使われます。
この燈篭は腰掛待合に使うための木製燈篭です。今の世の中、炎を見るだけでも心がゆったりと落ち着くのではないでしょうか。

※一点一点手づくりのため、各製品の寸法は若干変わります。
※表示価格は税込価格となっております。

Copyright © 2004-2010. All rights reserved by Susakabe Kobo.
Designed by BIS.