京位牌

「京都」というブランド....何百年と受け継がれてきた最高峰の技法
木地 漆塗り 金箔・金粉 蝋色 蒔絵 彩色に至るまで総手造りにて製作

吹蓮華七重座

京千倉座位牌
¥233,800~

吹蓮華前垂付千倉座

京千倉座位牌
¥156,000~

櫛型千倉座

京千倉座位牌
¥55,200~

吹蓮華三重座

京千倉座位牌
¥122,900~

吹蓮華巻足三重座

京千倉座位牌
¥131,300~

櫛型三重座

京千倉座位牌
¥35,000~

製作工程

木地工程

檜や紅松材を木取りし、鉋による形成後、約50種類の彫刻刀を使い分け
細部まで彫刻し完成させます。

塗り工程

札板部には粒子の細かい胡粉(貝殻を細かく砕いた粉)地を使った下地作業。
文字を手彫りにて彫刻する際に刀を傷めず鋭い文字を刻むために考えられた先人の知恵。
樹液を活用した唯一の天然塗料である本漆を中塗り、上塗りと何重にも手作業で塗り重ねていきます。
塗り工程

金箔・金粉工程

金箔は縁付1号箔、金粉には1号色を使用しております。
京都独特の技法である“ぬぐい粉”/金箔を貼った上にもう一度箔押し漆を
塗り、金粉を蒔く技法で落ち着いた輝きをかもしだします。

蝋色工程

漆を塗った表面を鏡面に仕上げるために角粉で研磨し、漆黒独特の艶を出します。
蝋色工程

彩色・截金(きりがね)

岩絵具を用いた彩色技法により、緑青蓮華や白蓮華に仕上げることもできます。
金泥書による葉脈はもちろん、一本一本極細に截断した金箔等を模様に沿って貼り付けていく截金技法。
京職人の伝統技法を駆使した最高峰の御位牌を末永くお祀りください。
きりがね技法


※京位牌は受注生産による総手造りのため、最低でも約1ヶ月~2ヶ月間納期を要します
※掲載品以外にも多種製作させて頂いております。寸法・金額など含めお問い合わせ願います。
※表示価格は消費税込、文字彫代等別の金額でございます。
※商品の仕様・金額は、改良の際予告なしに変更する場合がございます。

お問い合わせは075-351-8347(代)まで。

京仏壇・京仏具の専門店
(株)間遠佛具店
075-351-8347(代)
9:00~18:00 (不定休)